トップページ > 熱帯魚の種類 >  セネガルス

セネガルス


セネガルスは、ポリプテルス・セネガルスと呼ばれる、ポリプテルス目ポリプテルス科ポリプテルス属に分類される魚です。
分布している地域は、アフリカのセネガルやガンビア、そしてチャドやニジェールなど広範囲になります。

セネガルスの全長は50cmほどで、顔は、上顎よりも下顎が少しだけ突出しています。
只、大きく突出しているわけではなく、チョット見には上顎と下顎はほぼ同じ長さです。

セネガルスは、河川の淀みや池沼等に生息しています。
食性は動物性で、昆虫類や節足動物、そして甲殻類や魚類を食べます。
日本では観賞魚として人気があり、多くのブリード(養殖)が輸入されて熱帯魚(観賞魚)店でよく見かけます。

飼育が簡単なため、日本では人気がありますが、セネガルスの野生の個体が流通していることは殆どありません。
流通している魚の殆どはブリード(養殖)です。
ブリード(養殖)のセネガルスの流通量は多く、最近では熱帯魚(観賞魚)店だけでなく、ホームセンターやペットショップ等でも見かけます。
価格が安く丈夫な観賞魚のため、熱帯魚(観賞魚)の入門種として紹介されることが多いようです。
大量に流通しているセネガルスの中には、大量養殖や近親交配の影響などで、虚弱な固体も多いようです。

信用ある熱帯魚(観賞魚)店で、セネガルスを購入してください。

セネガルスと混泳

セネガルスは、50cm程度まで成長する魚ですが、比較的狭い環境でも飼育できます。
セネガルスを飼育する場合、他の魚との混泳に注意する必要があります。
同じセネガルスの種類であれば、体長に多少差があっても混泳が上手くいきます。
只、幼魚期は共食いが激しく、半分の大きさのセネガルスでも食べてしまうようです。

他の種類の魚との混泳は上手くいきません。
セネガルスの口に入る大きさの魚との混泳は、絶対に駄目です。
体長が長くても体高がない魚も攻撃対象になります。
体長がなくても、体高がある魚は攻撃対象にならないようです。

セネガルスとの混泳を考える場合は、体長よりも体高がある魚が適しているようです。

飼育が簡単なセネガルスを、飼ってみませんか。

セネガルスの種類・餌・グッズを見る

セネガルスについて

    スポンサーリンク

    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ