トップページ > 水草の種類 >  ウィローモス

ウィローモス

ウィローモスは、水生コケの通称です。
世界中の温帯~熱帯の地域にかけて分布しています。
水中葉は糸状に細長く、濃緑色や黒みがかった緑色で茂っています。

ウィローモスは、流木や石などの物に着生する性質があります。
清流の中や水辺では、石や岩に着生しています。
着生植物ですが、必ず着生する「土台」が必要はありません。
水中に漂った状態でも育成は可能な植物です。
繁殖力は旺盛で、生長が早いのが特徴の着生植物です。

水槽などで繁殖させる時は、こまめなトリミングが大切です。
トリミングを怠ると水槽がウィローモスの葉でいっぱいになり、葉の影の部分が光量不足で変色します。
また、水槽の中で葉が多すぎると、水の流れが悪くなり、水質が悪くなります。
水槽で育成する時は、トリミングに気を使うことが大切です。

ウィローモスと熱帯魚(観賞魚)

ウィローモスは細い葉が生い茂ることから、カラフルな熱帯魚(観賞魚)とよく合います。
カラフルな熱帯魚(観賞魚)が、濃緑色の葉から見え隠れする様子は見ていて飽きませんね。

ウィローモスは、水質の浄化にも役立つので、ベアタンク(底砂が入っていない水槽)などに入れられます。
水槽の中に入れた流木や石に活着させた状態でも、水中に漂った状態でも育ちます。
ウィローモスの細い葉の茂みは、熱帯魚(観賞魚)の稚魚や稚エビを保護する為の「漁礁」としての役割もあります。
ウィローモスは微生物の棲み処にもなります。

ウィローモスについた微生物は、稚魚や稚エビの餌(エサ)にもなるので、熱帯魚(観賞魚)を飼う水槽に一緒に入れておくことが多いですね。

ウィローモスと活着

ウィローモスを水槽で育てる時は、流木や石に活着させます。
水中に漂った状態でも生育しますが、観賞用としては、流木や石に活着させたほうが好まれます。
熱帯魚(観賞魚)を販売しているショップでは、流木や石に活着させてあります。

活着に必要な材料は、ウィローモスと清潔にした流木や石などです。
最近では竹炭などもあります。
ウィローモスを、流木や石や竹炭に固定するための木綿糸も必要です。
木綿糸はウィローモスが活着する1ヶ月程で、溶けてなくなります。
活着の方法は簡単です、適当に切ったウィローモスを、流木・石・竹炭などに薄く置いて木綿糸で縛って水槽に入れればOKです。

ウィローモスの種類・グッズを見る


ウィローモスについて

    スポンサーリンク

    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ