トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  ノーザンバラムンディの繁殖方法

ノーザンバラムンディの繁殖

スポンサーリンク

ノーザンバラムンディの繁殖を行うためには、大きな水槽が必要になります。 アロワナ目アロワナ科に属する淡水魚で、自然界では体長90cm程になります。 水槽内でも体長60cm程度には成長します。

ノーザンバラムンディを繁殖させる為には、水槽内の環境を整えることが大切です。
自然界では、小魚や水生生物や昆虫を餌(エサ)にしている肉食性の淡水魚です。
飼育する場合も、イトメ・赤虫・昆虫・甲殻類・小魚・肉・人工飼料を餌(エサ)として与えます。

体長60cmにもなる淡水魚を飼育していると、スグに水槽内の水質が悪化します。
ノーザンバラムンディを繁殖させる為には、余裕がある大きさの水槽と、水質管理が大切です。
ノーザンバラムンディの繁殖に適した水質は、弱酸性~中性のPH7前後の軟水になります。

餌(エサ)の食べ残しや排泄物による水質の悪化を防ぐことが、ノーザンバラムンディの繁殖のポイントです。
水質の悪化を防ぐ為には、底砂の掃除やろ過器の管理、そして定期的な水槽水の交換が大切です。
水槽内の水を全部交換すると、急激な水質変化や水温変化になり、魚にストレスを与えます。
ノーザンバラムンディの繁殖・飼育の時には、水槽内の1/4の水を週に1回の間隔で定期的に交換しましょう。

ノーザンバラムンディの繁殖と産卵

ノーザンバラムンディの繁殖に挑戦しませんか。
ノーザンバラムンディの繁殖の為には、大きな水槽が必要ですね。
ノーザンバラムンディの繁殖を考えて飼育する場合は、水槽のスペースが十分に確保できる部屋が必要になります。

マウスブリーダーの淡水魚です、約2ヶ月程度は、親魚が自分の口の中で稚魚を育てます。
ノーザンバラムンディの繁殖では、寄り添っているペアを別水槽に移して産卵を待ちます。
産卵用の水槽は最低でも、幅2m以上、深さ1mの水槽が必要です。

産卵が上手くいくと、雌(メス)が産んだ卵を、雄(オス)がくわえて口の中で守っています。
自然界では雄(オス)が口の中で守って育てますが、水槽では雄(オス)が産卵した卵を食べるようです。

その為、産卵した卵を雄(オス)が口にくわえている場合は、強制的に雄(オス)の口から取り出して別の水槽でふ化をさせましょう。
ノーザンバラムンディの繁殖では、産卵とふ化、そして稚魚の飼育に注意が必要です。

ノーザンバラムンディの種類を見る

スポンサーリンク

ノーザンバラムンディの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ