トップページ > 熱帯魚の種類 >  ノーザンバラムンディ

ノーザンバラムンディとは

スポンサーリンク

ノーザンバラムンディは、アロワナ目アロワナ科に属する淡水魚です。 パプアニューギニアやオーストラリア北部の河川に生息しています。 アジアアロワナに似ている淡水魚です。

ノーザンバラムンディの特徴を紹介します。
体長は90cm程度で、体表は大きな鱗(ウロコ)で覆われています。
ノーザンバラムンディの体色は赤みがある褐色で、金属的な光沢があります。
鱗(ウロコ)に三日月型をしたピンク色の斑点が入っています。
アジアアロワナに比べると、体高が高くズングリした体型をしています。

ノーザンバラムンディは、性格に荒い面がある淡水魚です。
その為、同じ水槽に他の熱帯魚や観賞魚を入れた、混泳スタイルで飼育する場合は注意が必要です。
特に同種間で争う場合が多いので、水槽で飼育する場合は単独の方が管理面からも楽なようです。

混泳スタイルで飼育する場合は、体型が大きく違った魚種で稚魚の段階から一緒にしておくと成功するようです。
ノーザンバラムンディは、成長にしたがって性格が荒く変化するようです。
混泳させているときは、水槽内の日々のチェックが大切です。

美しい鱗(ウロコ)のノーザンバラムンディを飼育しませんか。

ノーザンバラムンディと水槽

ノーザンバラムンディは、自然の状態では体長90cm程度まで成長します。
水槽内でも体調60cm程度には成長します。
稚魚で購入した時は45cmタイプの小さな水槽でもOKですが、成魚になると大きくなることを考慮して水槽の用意が大切です。

ノーザンバラムンディは体が硬い淡水魚なので、水槽内が狭いと方向を変えられません。
余裕を持って、体を動かせる水槽の環境を確保しましょう。
狭い水槽では、ノーザンバラムンディがストレスで体調を崩します。
ノーザンバラムンディを水槽で飼育する場合は、水深よりも底面積の広さが大きいタイプを選びましょう。
方向転換のためには、縦長だけでなく横幅も必要です。
ノーザンバラムンディの飼育では、水槽の底面積を広くするのがポイントです。

ノーザンバラムンディの種類を見る

スポンサーリンク

ノーザンバラムンディについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ