トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  カージナルテトラの飼育方法

カージナルテトラの飼育

スポンサーリンク

カージナルテトラを飼育するときは、1匹よりも数十匹の群泳がオススメです。 カージナルテトラの飼育で本当の美しさを楽しむには、複数の群泳ですね。 水草や岩などでレイアウトされた水槽で、たくさんのカージナルテトラを飼育しませんか。 泳ぐ宝石とも言われている魅力が分かります。

カージナルテトラは飼育しやすい熱帯魚といわれています。
繁殖が難しい為、商業的な繁殖はほとんど行われず採集されています。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップで販売されているものは、現地で採集されて大量輸入されたものです。
流通量は多く、観賞魚や熱帯魚の中でもトップクラスと言われています。

世界最大の河川である、アマゾン川支流のネグロ川に大量に生息している熱帯魚ですが、大量採集が問題になっています。
現地では、より上位の肉食魚の餌(エサ)となっている熱帯魚です。
その為、大量に採集されると上位の肉食魚の減少、そして絶滅に繋がります。

カージナルテトラを飼育して繁殖させませんか。
現地の実情からも、カージナルテトラの飼育・繁殖は大切なことです。
採集による環境負荷を減らす為にも、カージナルテトラを飼育・繁殖させましょう。

カージナルテトラの飼育と水質

カージナルテトラの飼育では、水質管理や水温管理が大切です。
カージナルテトラの飼育は、熱帯魚や観賞魚の中でも比較的やさしいといわれています。
熱帯魚や観賞魚の初心者入門魚として、非常に人気がある熱帯魚です。

野生では約1年程度の寿命といわれていますが、水槽で水質管理や水温管理を上手に行えば2~3年は生きます。
カージナルテトラの飼育で注意することは、古い水です。
少々の水質の悪化には耐えられても、古い水になると病気が多くなります。

カージナルテトラの飼育中に、白点病やエロモナス病になったら、水質悪化が原因かもしれません。
水槽の水換えをして、水槽内の水質の環境を改善しましょう。
急激な水質変化や水温変化を考慮して、定期的に水槽内の1/3~1/4の水を交換します。


カージナルテトラの種類・在庫


スポンサーリンク

カージナルテトラの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ