トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  カージナルテトラの繁殖方法

カージナルテトラの繁殖

スポンサーリンク

カージナルテトラの繁殖に挑戦している人も多くいます。 カージナルテトラの繁殖は、一般の熱帯魚や観賞魚と比較しても難しいと言われています。 商業的には、ほとんど繁殖されていません。 熱帯魚ショップや観賞魚ショップで販売されているのは、南アメリカのネグロ川他で採集されたものがほとんどです。

泳ぐ宝石とも呼ばれる魚が、水槽の中で群泳している姿は美しいですね。
日本だけでなく、世界で人気がある熱帯魚です。
環境への影響から考えると、大量採集は望ましくありません。
環境面からも、熱帯魚や観賞魚の愛好者が、カージナルテトラを繁殖させることは良いですね。

飼育はやさしく、熱帯魚や観賞魚飼育の入門魚と言われます。
シッカリ管理して飼育しませんか、カージナルテトラを繁殖させましょう。
カージナルテトラを繁殖させる為には、親魚を健康に元気に育てることが大切です。
親魚が元気に過ごせる、水槽内の環境つくりが大切です。

熱帯魚が過ごしやすい水槽内の環境の3つのポイントは、水質と水温と隠れ場所です。
水質悪化は病気の原因です。
水温は水槽内の水質や繁殖に影響を与えます。
水草や流木等の隠れ場所は、魚のストレス面で大切な役割があります。

群泳が美しく見える、比較的大きな水草水槽で飼育したいですね。
水質管理と水温管理をシッカリ行えば、カージナルテトラも繁殖できます。

カージナルテトラの繁殖と水質

カージナルテトラの繁殖の為には、快適な水質・水温管理をシッカリ行うことが大切です。
快適な飼育環境を作ることが大切です。
カージナルテトラの繁殖では、病気にならない飼育環境を維持しましょう。
水草や底砂、そしてエアーポンプやろ過器で良質な水質を維持することは大切です。

カージナルテトラの繁殖では、日常の水質管理も大切ですが、定期的な水槽の水換えも大切です。
水槽の水が古くなると、白点病やエロモナス病にかかりやすくなります。
水槽の1/3~1/4の水を定期的に交換すると、急激な水質・水温変化を予防できます。
水質は、PH7前後が最適です。
水温は24~28℃が適応範囲ですが、白点病を予防する為には26℃程度が適切です。
カージナルテトラの繁殖時期には、産卵用水槽を用意します。
お腹の大きな雌(メス)を雄(オス)が追いまわしていたら、産卵用水槽にペアを移します。
水質をチョット変化させると、産卵しやすくなります。


カージナルテトラの種類・在庫

スポンサーリンク

カージナルテトラの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ