トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  白メダカの繁殖方法

白メダカの繁殖

スポンサーリンク

白メダカの繁殖のためには、親メダカを健康に元気に育てることが大切です。
水槽の水質管理では、キレイ過ぎず汚れていない水に気をつけます。
あわせて、水流や水温についても気をつけます。

白メダカの繁殖・飼育のときは、水槽の水質をキレイにし過ぎるのは良くありません。
水中の適度な菌や微生物(バクテリア等)とメダカ(目高)が、快適な水槽内の環境を作っています。
白メダカの繁殖・飼育の時には、毎日水替えや掃除をして水槽内をキレイにし過ぎないように気をつけましょう。
水槽の水質が汚いのも良くありません。
白メダカの繁殖・飼育の時の水質悪化の原因は、メダカ(目高)の排泄物の汚れや残り餌の汚れ、そしてメダカ(目高)の呼吸による二酸化炭素の増加が原因です。

白メダカの繁殖・飼育のときに、水槽の水質の汚れを防ぐ為には、水槽の水換えが効果的です。
水槽の水質改善の為の水換えの時には、水槽内の4分の1や3分の1を交換することがポイントです。
全部の水を交換すると、急激な水質変化になります。
水温の急変やバクテリアの激減、そしてPHの急変は白メダカの繁殖・飼育の為にはよくありません。
白メダカの繁殖・飼育のときの水質の3つのポイントは、汚れ過ぎないでキレイ過ぎない水・1/3~1/4の水換え・水質の急変に注意することです。

白メダカの繁殖と水温

白メダカの繁殖・飼育の時には、水槽の水質管理が大切ですが、水温の管理も大切です。
メダカ(目高)は、水温が低くても高くても生き延びることは出来ます。
例えば外気温が0度以下のときは冬眠して過ごします。
野生のメダカ(目高)は40℃を超える水温でも生き延びるようですが、鑑賞種の白メダカの繁殖・飼育の場合は、39℃の水温が限界です。

白メダカの繁殖・飼育の時は、最も元気になる水温の25~28℃くらいが最適です。
1年を通しての水温管理を考える場合は、20~30℃の範囲を守るようにすると、健康で元気な白メダカが繁殖します。

白メダカの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

白メダカの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ