トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ロックシュリンプの飼育方法

ロックシュリンプの飼育

スポンサーリンク

ロックシュリンプを飼育している人も多いようです。
観賞魚ショップや熱帯魚ショップで人気がある、ヌマエビ類等の小さな甲殻類と比較すると、大きさと武骨さに圧倒されます。

ロックシュリンプを飼育している人は、いかつくて強そうな、全身を鎧で覆われたな姿に魅力を感じているようです。
全身を鎧で防御した強そうな甲殻類なので、同じ水槽にいる魚を食べてしまいそうです。
同じ水槽で、熱帯魚や観賞魚とロックシュリンプを飼育しても、魚を餌(エサ)として食べることはありません。
熱帯魚や観賞魚を、バリバリと食べてしまいそうな風貌ですが、見かけと実態は大きく異なります。

ロックシュリンプの飼育では、肉食魚は大敵です。
長期間、ロックシュリンプを飼育するのであれば、熱帯魚や観賞魚と同じ水槽で飼うのは避けましょう。
大型の肉食魚は当然ですが、小型の肉食魚も危険です。
ロックシュリンプを飼育していると分かりますが、甲殻類には脱皮があります。
普段は硬い鎧で守られている体も、脱皮直後の鎧は柔らかいので、同サイズの肉食魚に簡単に殺されて餌(エサ)にされてしまいます。

甲殻類を餌(エサ)としない熱帯魚や観賞魚でも、同じ水槽で生活するのはストレスが溜まりそうです。
武骨な外見ですが、臆病なのでチョット大きな魚がいる水槽では物陰に隠れてしまいます。
せっかくロックシュリンプを飼育しても、物陰に隠れているばかりでは残念ですね。
ロックシュリンプを飼育する時は、単独にしましょう。

ロックシュリンプの飼育と餌

ロックシュリンプの飼育では、草食性の小魚と一緒であれば問題はないように考えられます。
草食性の小魚であれば、同じ水槽でロックシュリンプを飼育しても、脱皮の時に餌(エサ)にされる心配はありません。
脱皮の時の危険性はありませんが、水槽内の餌(エサ)を小魚が食べてしまう可能性があります。
大きくて強そうなエビですが、動きは鈍く機動力に問題があります。

ロックシュリンプの飼育は、単独がオススメです。
単独であれば、肉食性の魚に餌(エサ)にされることはありません。
草食性の魚に餌(エサ)を食べられないので、安心して餌(エサ)を食べられます。
熱帯魚や観賞魚の気配がなければ、物陰に隠れている必要もありません。
水槽内で、ゆっくりと自由に餌(エサ)を食べられますね。

ロックシュリンプの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

ロックシュリンプの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ