トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  ロックシュリンプの繁殖方法

ロックシュリンプの繁殖

スポンサーリンク

ロックシュリンプの繁殖に挑戦している人も多いようです。
ロックシュリンプの繁殖は、熱帯魚ショップや観賞魚ショップで販売しているヌマエビと基本的に同じです。
大型で全身を鎧で防御した強そうなエビですが、カニやザリガニ、そしてテナガエビ等の甲殻類のように乱暴ではありません。
ロックシュリンプの繁殖の時は、臆病でおとなしい性格を考えて飼育しましょう。

ロックシュリンプの繁殖を目的に飼育している時は、他の熱帯魚や観賞魚と同じ水槽で飼育するのは止めましょう。
ロックシュリンプの繁殖を考えて飼育する時には、大型の肉食魚はもちろんですが、小型の肉食魚も同じ水槽にしてはいけません。
大型の肉食の熱帯魚や観賞魚は、甲殻類を餌(エサ)として食べてしまいます。
同程度の大きさの肉食魚でも、脱皮の時期のエビを餌(エサ)にします。
日頃は強い鎧で防御していますが、脱皮直後は柔らかい鎧です。
脱皮直後の鎧の柔らかさでは、肉食魚の攻撃に耐えられません。
スグに殺されて、肉食魚の餌(エサ)となります。

ロックシュリンプの繁殖の時は、小さな草食魚も敵になります。
機動力に優れた熱帯魚や観賞魚は、おとなしくて動作がゆっくりしているエビの餌(エサ)を食べてしまいます。
肉食魚や草食魚と同じ水槽では、ロックシュリンプが繁殖することはできません。
ストレスのない、同類だけの環境を整えましょう。

ロックシュリンプの繁殖と飼育

ロックシュリンプの繁殖の時は、同じ水槽で肉食魚や草食魚を飼育してはいけません。
同類の共食いの心配はないので、ロックシュリンプを繁殖させる時は同じ水槽で複数飼育できます。

他の観賞魚や熱帯魚と比較しても、水質管理は楽です。
水温についてもある程度の幅があります。
ロックシュリンプの繁殖を考えた場合、他の大型甲殻類よりも簡単です。
餌(エサ)が十分確保されて、魚の存在がなければ安心して大きくなり、生殖行動も活発になります。

ロックシュリンプの繁殖は、一夫一婦で行われます。
雌(メス)が脱皮して・交接して・産卵をします。
ロックシュリンプの繁殖活動では、雌(メス)を独占したい雄(オス)が他の雄(オス)と戦います。
戦いに勝った雄(オス)は、雌(メス)の産卵が終わるまで、付きっきりでガードします。
ロックシュリンプを繁殖・飼育をしてみませんか。


ロックシュリンプの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

ロックシュリンプの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ