トップページ > 熱帯魚の種類 >  ロックシュリンプ

ロックシュリンプ

スポンサーリンク

ロックシュリンプは、熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも人気の甲殻類(エビ)です。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも、たまにしか見かけない大柄なエビです。
ロックシュリンプの特徴は、全身に鎧をまとった重量感たっぷりの姿です。
水流があると、水流に向かって手を広げて餌(エサ)を待つ、面白い行動もあります。

熱帯魚ショップや観賞魚ショップでよく見かける、ヤマトヌマエビやビーシュリンプ等小さなエビと比較してください。
ロックシュリンプの、大きさと武骨さは、迫力満点です。
小さなエビでは確認しにくい、顔の表情や体のつくり等の体の細かい部分でも、ロックシュリンプであればハッキリ確認できます。

強そうな甲殻類のロックシュリンプですが、脱皮した直後の鎧は大変柔らかくて、魚に簡単に殺されます。
大型の肉食魚であれば、普段でも危ないですが、脱皮の時期は小さな熱帯魚や観賞魚でも危険な存在です。
ロックシュリンプには、脱皮という危ない時期があることを考慮して、単独で飼育しましょう。

ロックシュリンプは、他の甲殻類と同様に餌(エサ)をよく食べます。
飼育方法は他のヌマエビ類等と変わりはありません。
ヌマエビ類と同じような飼育方法で、元気に育ちます。
水質や水温、そして隠れ家等の環境に満足すれば、餌(エサ)をたくさん食べて大きくなります。

ロックシュリンプと熱帯魚と観賞魚

ロックシュリンプは、単独で飼育することをオススメします。
ロックシュリンプは、共食いや他の観賞魚や熱帯魚を餌(エサ)とすることはありません。
ロックシュリンプと同じ水槽に、熱帯魚や観賞魚を一緒に入れても、魚への危害はありません。

いかにも強そうなロックシュリンプですが、水槽内では熱帯魚や観賞魚よりも弱い立場になります。
魚への危害はありませんが、ロックシュリンプへの影響が大きくなります。
ロックシュリンプを水槽で飼育する場合は、観賞魚や熱帯魚とは別の水槽で育てましょう。
ロックシュリンプを長生きさせる為には、単独での飼育が大切です。

ロックシュリンプの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

ロックシュリンプについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ