トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ピクシーシュリンプの飼育方法

ピクシーシュリンプの飼育

スポンサーリンク

ピクシーシュリンプを飼育している人も多いですね。
小さくて丈夫なエビなので、熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも人気があります。
ピクシーシュリンプを飼育するときの容器は、水槽でなくてもかまいません。
小さなエビなので、金魚鉢や保存びん、そしてプラスチックの箱でもOKです。
容器を選ぶ時には、水深よりも水面の面積が広いものを選びましょう。
水槽の水に十分な酸素を供給する為には、空気と接している水面が広いほど有利になります。

ピクシーシュリンプの飼育用の容器を選ぶ時には、水深が深いタイプや口の狭いビンを避けて、水面の面積が広いタイプにしましょう。
ピクシーシュリンプを飼育する時の容器は、水面の面積が広い水槽などが適切です。

ピクシーシュリンプを飼育するときの容器選びでは、大きさも大切です。
水槽が小さいと、水温や水質が急激に変化します。
ピクシーシュリンプを飼育では、水温や水質の急激な変化は避けることが大切です。
ピクシーシュリンプの飼育用容器を水槽にする場合、管理面からは大きいサイズをオススメします。
水質や水温の日常管理面を考えた場合、水槽は大きい方が楽です。

ピクシーシュリンプを飼育するときのポイントは、人工海水の素・水温管理・隠れ場所です。
かわいい妖精のようなピクシーシュリンプを、飼育してみませんか。

ピクシーシュリンプの飼育とポイント

ピクシーシュリンプを飼育する時の、3つのポイントを紹介します。

ポイント1・容器は、水面に接する面が広くて余裕のある大きさが大切です。
容量が大きいと、水質や水温の急激な変化が発生しません。

ポイント2・ピクシーシュリンプの飼育では、「人工海水の素」と比重計を揃えると水槽で元気に育てられます。
「人工海水の素」は、熱帯魚ショップや観賞魚ショップ、そしてホームセンターやデパートのペットショップでも購入できます。
「人工海水の素」は「無脊椎動物用」を購入しましょう。
比重計は、海水の濃さを測る道具です、絶対に必要な道具ですね。
比重計は「人工海水の素」と一緒の売り場に置いてあります。

ポイント3・水槽の底に敷く底砂は、ろ過バクテリアの住処になります。
水槽でピクシーシュリンプを飼育する時には大切なものです。
粒径1mm程度のサンゴ砂が最適です。
サンゴ砂は、水中へのカルシウム補給や水質の安定に役立ちます。

ポイント4・水槽の水温管理には、温度計は必要です。
水槽の壁に装着するタイプが便利ですね。


ロックシュリンプの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

ピクシーシュリンプの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ