トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  ピクシーシュリンプの繁殖方法

ピクシーシュリンプの繁殖

スポンサーリンク

ピクシーシュリンプの繁殖は難しいと言われています。
ピクシーシュリンプを繁殖させる為には、健康で元気な親を育てることが大切ですね。

ピクシーシュリンプを繁殖させる為に必要な3つのポイントは、水槽の形状と容量・水質の環境・水温の管理です。
ピクシーシュリンプの繁殖・飼育のときに容器を選ぶ時は、空気に触れる面積が広い水槽を選びましょう。
空気に触れる水面の面積が広いと、水槽内の水の酸素量が多くなります。
水質と水温の急激な変化を避ける為には、ある程度の水量が必要です。
ピクシーシュリンプの繁殖・飼育を行う場合は、余裕のある大きさの水槽がよいですね。

水質の環境は、ピクシーシュリンプの繁殖・飼育では大切です。
水質の環境改善には、「人工海水の素」・海水濃度を測る比重計・水質を安定させる底砂がポイントです。
産卵には適度な塩分濃度が大切です。
「人工海水の素」と比重計は、ピクシーシュリンプの繁殖では必ず用意したいですね。

水槽内の底砂は、水質を安定させます。
底砂には、粒径1mm以下のサンゴ砂が適切です。

ピクシーシュリンプの繁殖・飼育では、水槽内の温度管理も大切です。
ハワイ原産のエビなので、低い水温では生活できません。
また、30℃以上の水温も生活できません。
水槽内の水温は20~28℃です。

ピクシーシュリンプを繁殖させてみませんか。

ピクシーシュリンプの繁殖とストレス

ピクシーシュリンプの繁殖を考えた場合、ストレスは大敵です。
ストレスを受ける水槽内の環境は、隠れ場所がないことです。

ピクシーシュリンプの繁殖を考えて飼育している時に、体色が抜けて透明になることがあります。
ストレスを原因とした、色抜けです。
水槽に衝撃を与えない環境や暗い隠れ場所を作ることで、ストレスも解消されます。
ピクシーシュリンプの繁殖を考える時には、ストレスを受けにくい生活環境を作ることが大切です。

ピクシーシュリンプの繁殖例では、暗い隠れ場所を持っている雌(メス)だけが卵を産んでいるようです。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップには、ピクシーシュリンプの繁殖を考えた隠れ家が販売されています。

エビに秘密の隠れ家を用意してあげましょう。


ロックシュリンプの種類・最安値を見る

スポンサーリンク

ピクシーシュリンプの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ