トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  グッピーの飼育方法

グッピーの飼育

スポンサーリンク

グッピーの飼育は、一般的な熱帯魚や観賞魚と比較しても簡単だと言われています。
丈夫な淡水魚なので、日本の温泉地や琉球諸島等の暖かい川でも繁殖しているようです。
体型が小さく丈夫で美しいので、熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも人気が高い淡水魚です。

グッピーの飼育に必要な器具を紹介します。
基本的な器具は、水槽・サーモスタット・ヒーター・ろ過装置・エアーポンプです。
照明器具や水草、そして底砂もグッピーの飼育には必要な器具です。
出来れば水質管理や水質改善の為に、水質テスターやサンゴ砂も揃えたいですね。

グッピーの飼育では、水槽のほかにもいろいろな容器を使用してもかまいません。
しかし、インテリアとしてグッピーを飼育する場合や、日々の管理には水槽が便利です。
水槽の容量は、なわばり争いや水質や水温の急激な変化を防止する為にも、10リットル程度は必要です。
小さい水槽でグッピーの飼育を行うと、なわばり争いで死んでしまうことがあります。
大きな水槽に、水草や流木等の隠れ場所をたくさん確保すれば、ストレスも溜まらないので元気に繁殖します。

グッピーの飼育では水温管理が大切です。
水温は25℃前後に維持しましょう。
熱帯の淡水魚なので低い水温には弱い魚です。
高い水温は、水草や水質にも悪影響を及ぼします、水温管理は大切ですね。

グッピー飼育のポイント

グッピー飼育の主なポイントは3つあります。

ポイント1・水槽の容量は大切です。
水槽が小さいと、なわばり争いで魚にストレスが溜まります。
争いで傷ついて死ぬこともあります。
水量が少ないと、水質・水温環境に与える影響も大きくなります。

ポイント2・グッピーの飼育では水質管理も大切です。
一般的に観賞魚や熱帯魚の病気の多くは、水質管理の失敗だといわれます。
グッピーの飼育関連のサイトでは、水質管理に便利なものとして「テトラバイタル」が紹介されています。
「テトラバイタル」は、水道水に含まれるカルキ(塩素)を分解して、バイタルに含まれる有効成分が水槽内の水質環境を最適にするようです。
グッピーの飼育には「テトラバイタル」は必須だと紹介しているサイトもあります。

ポイント3・苔の予防は、グッピーの飼育の時だけでなく、他の熱帯魚や観賞魚を飼う時でも厄介な問題です。
苔の予防が大切です、苔予防には「テトラアルミジン」等の苔予防剤を使用すると効果も大きくなります。

グッピーの飼育に挑戦しませんか。

グッピーの種類・価格を見る

スポンサーリンク

グッピーの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ