トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  グッピーの繁殖方法

グッピーの繁殖

スポンサーリンク

グッピーの繁殖は、親魚の飼育環境を整えれば容易です。
時々、水草が繁茂した水槽で、自然にグッピーが繁殖しているときがあります。
グッピーを繁殖させる為のポイントは、適切な水温と水質の管理・余裕がある水槽の容量・産卵と隠れ場所用の、水草や流木等がある環境です。

水槽内の環境が産卵とふ化に適していれば、特に手を加えなくてもグッピーを繁殖させることができます。
グッピーを繁殖させる為の器具を揃えて、グッピーを増やしませんか。

グッピーの繁殖のために必要な器具を紹介します。
産卵ケースがあると稚魚が食べられません。
産卵ケースは稚魚を育てる時に使用するだけでなく、病気の魚を隔離して治療する時にも役に立ちます。

稚魚用の餌(エサ)を用意しましょう。
産まれたばかりの稚魚は、親魚とは異なる栄養の餌(エサ)が必要になります。

グッピーの繁殖では、水質環境が大切です。
少し塩がある水質の、汽水環境で飼育するとよいと言われています。
水槽を汽水環境にすると、他の魚や水草に悪影響がでます。
水槽に「テトラバイタル」を入れると、グッピーの繁殖に適した水質環境を作ることができます。

水槽内の水草の役割は、稚魚の隠れ家として大きな役割を発揮します。
産卵ケースで、卵をふ化させて稚魚を育てるのが理想ですが、時々雌(メス)が産卵したのが分からない時があります。
稚魚が水槽内に放出されていることがあります。
水草があれば隠れ場所になるので、成魚に食べられるを防げます。

グッピーの繁殖と産卵

グッピーの繁殖では産卵ケースは大切です。
稚魚を産卵ケースに入れなくても育てることはできます。
水槽内が狭い、水草等の隠れ場所が少ない等の場合は、成魚に稚魚が食べられてしまいます。

水槽内の稚魚が食べられてしまうのを防ぐ為には、産卵ケースは大切です。
産卵ケースを水槽上部に設置して稚魚を入れれば、他の成魚から守れます。
注意することは、産卵ケースの隙間から稚魚が逃げ出さないようにすることです。
産卵ケースは餌の残りかすや排泄物で汚れやすいのが欠点です。
産卵ケースはこまめに掃除して清潔に保ちましょう。

早く広い水槽に移したいですが、成魚に食べられない大きさに育つまで待ちましょう。
稚魚を産卵ケースから出すタイミングは、稚魚の大きさが成魚の3分の1以上になった時です。

グッピーの種類・価格を見る

スポンサーリンク

グッピーの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ