トップページ > 熱帯魚の種類 >  グッピー

グッピー

スポンサーリンク

グッピーは、熱帯魚ショップや観賞魚ショップで見ることができます。
南アメリカ北部の国や島等に分布している、硬骨魚網トウゴウイワシ目グッピー科の熱帯淡水魚です。
グッピーが生息している国や島には、ベネゼエラ・ギアナ・ブラジルの北部・トリニダード島・バルバドス島等があります。

グッピーのポイントを3つ挙げるとすれば、繁殖力が強いこと・丈夫なこと・美しい品種が多いことです。
グッピーは、日本には観賞用として輸入されています。
飼育が簡単なことから、熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも、人気がある淡水魚です。

熱帯魚ショップや観賞魚ショップだけでなく、温泉地や琉球諸島の川などで野生化しているグッピーを見ることができます。
グッピーの体長は雄(オス)と雌(メス)では大きさに差があります。
雌(メス)の体長は6cm程度になります。
雄(オス)の体長は3cm程度です。
体型は細くてメダカ(目高)に似ています。
色彩や形等は雄(オス)の方が多彩です、尾ひれが大きく形や体色も豊富です。
雌(メス)は、体色が淡褐色で尾ひれも短いです。

グッピーは繁殖力が強い淡水魚です。
温泉の川や琉球諸島の水温が高い川では、自然に繁殖するほど元気です。
水槽で飼育するときは、水草を繁茂させて水温を22~24℃程度にすると繁殖します。

グッピーを飼育してみませんか。

グッピーの品種

グッピーの品種は多くあります。
美しい品種には、ブルーグラス・レッドグラス・ドイツイエロータキシード・モザイク・オールドファッションテール・ウィーンエメラルド・キングコブラ等があります。

グッピーの品種では、ブルーグラスとレッドグラスの人気がスゴイですね。
ブルーグラスの品種は、ライトブルーに黒いスポットの尾ビレが印象的です。
レッドグラスの品種は、オレンジに黒いスポットお尾ビレが印象的です。

丈夫で繁殖力が強いので、代を重ねても増えます。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも、たくさんの種類のグッピーが売られています。
ブルーグラスやレッドグラスは、グッピー飼育の入門的な品種です。

グッピーの種類・価格を見る

スポンサーリンク

グッピーについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ