トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ヒメダカの飼育方法

ヒメダカの飼育

スポンサーリンク

ヒメダカの飼育は、一般の熱帯魚や観賞魚と比べると簡単だといわれています。
ヒメダカ(緋目高)は、田んぼや小川等で見かける黒いメダカの突然変異タイプです。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップには、白メダカ(目高)や青メダカ(目高)、ダルマメダカや楊貴妃やヒメダカ等が飼育用に販売されています。
ヒメダカは飼育用だけでなく、肉食魚の餌(エサ)用としても売られています。

ヒメダカを飼育する為の容器には、水が漏れないである程度の大きさであればOKです。
チョット大きなペットボトルでも飼うことができます。
ヒメダカを飼育するために必要な水の量は、最低でも1匹当たり水1リットル必要になります。
1匹のヒメダカの飼育に必要な水は、2~3リットルが理想といわれています。

エアレーションを行えば、水1リットルで数匹のヒメダカを飼育することができますが、水槽が狭いと縄張りを持った時にストレスの原因になります。
健康で元気なヒメダカを飼育するためには、1匹に2~3リットルの容量が適切なようです。
ヒメダカを飼育する為の容器は、30cm~1m幅のアクリルやガラスの水槽が用いられます。

ヒメダカの飼育と水道水

ヒメダカは飼育しやすい魚です。
水槽に入れる水も水道水を使えます。
水道水はPH7の中性前後なので、水質には問題ありません。
水道水には塩素(カルキ)が含まれています。
塩素(カルキ)は、水道水を殺菌するためのものです。
塩素(カルキ)は魚のエラを弱らせます。
ヒメダカの飼育水槽に水道水を使用する場合は、塩素を(カルキ)を除去して水質を安定させる必要があります。

塩素(カルキ)を取り除く薬もありますが、日光に1日当てれば抜けます。
水槽に水道水を使用する場合は、水道水の水質を安定させるために4~7日間程は汲み置きします。
塩素(カルキ)は、水道水の水質を安定させる期間に抜けます。

メダカ(目高)は泥底を好みます、おどろいたときに潜り込めるように水槽の底に砂や砂利等を敷きます。
砂や砂利は1cm程度以上の厚さが欲しいですね。
水草は、酸素補給と卵を産み付ける場所として最適です。

ヒメダカを飼育してみませんか。

ヒメダカの種類・価格を見る

スポンサーリンク

ヒメダカの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ