トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  プレコの飼育方法

プレコの飼育方法

スポンサーリンク

プレコの飼育器具は、熱帯魚ショップや観賞魚ショップで揃えることができます。
ホームセンターやデパートなどでも揃えられる時もあります。
近くに熱帯魚ショップや観賞魚ショップ、またホームセンターなどがないときは、通販ショップでも購入できます。
インターネット上の検索サイトで「プレコ 飼育」と入力して検索すれば、プレコの飼育器具の販売ショップを簡単に見つけることができます。

プレコの飼育には、3つのポイントがあります。
水質管理と水温管理、そして餌(エサ)管理です。
プレコの飼育器具は、水質と水温、そして餌(エサ)のことを考えてそろえましょう。

必要な器具を選ぶ時のポイントを紹介します。
30cm程度の小型の水槽で飼う時は、高機能のろ過装置を設置することが必要です。
水槽の容量が少ない場合、水質が汚染されやすくなります。
また、気温の高低の影響が水温にも大きく影響します。
小さな水槽でプレコを飼育する時には、水温管理は大切です。
外部気温が水温に影響して、残存酸素量や水質に影響を与えます。

90cm以上の大きな水槽でプレコを飼育する場合は、気温の影響にピリピリすることはありません。
水量が多いので、気温の影響で水温がスグに高低することはありません。
多くの種類のプレコを飼育できるので、大きな水槽の方が楽しめます。

プレコの飼育用器具

プレコの飼育用の水槽は、大きいほうが良いですね。
気温の影響で、水温が急激に変化するのを防げます。

プレコを飼育する時に最低限必要な器具を紹介します。
ろ過(フィルター)・エアーポンプ・サーモスタット・ヒーター・照明・シェルター・流木・蓋等は、最低限揃えたいプレコの飼育用器具です。
ろ過装置には、上部ろ過、外部ろ過、水中式ろ過等いろいろなタイプがあります。
ろ過装置は、一般的に水槽のサイズと熱帯魚や観賞魚の数に応じて、複数併用する方が安全です。
もし、1つが機能不能になっても、他のろ過装置で短期間は対応できます。

プレコの飼育器具では、エアーポンプも大切です。
エアーポンプは、水中に酸素を送る役目と二酸化酸素を水中から放出する役目があります。
サーモスタットとヒーターも、水温調節器具としてプレコの飼育には必要です。

プレコの飼育では、ろ過器具とエアーポンプ、そしてサーモスタットとヒーターの機能チェックと管理をシッカリと行いましょう。

プレコの種類・餌・価格を見る

スポンサーリンク

プレコの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ