トップページ > 熱帯魚の種類 >  プレコ

プレコ

スポンサーリンク

プレコが人気ですね。
プレコは、ナマズ目ロリカリア科ヒポストムス亜科に分類される淡水魚です。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも多くの種類が見られます。
生息地域は、南米のアマゾン川を中心にした広い範囲になります。

プレコには多くの種類があります。
小さな種類は数センチですが、大きな種類は1m程度まで大きくなります。
小さな種類では、ファンシースポットペコルティアやメガクラウンが知られています。
大きな種類では、ギガンテプレコやロイヤルプレコ等がいます。

共通の特徴をいくつか紹介します。
プレコの体表は、鎧に覆われたようにゴツゴツしています。
ゴツゴツした体表が、他の淡水魚には見られない特徴です。

吸盤状の口も特徴の一つです。
多くの種類の主食は、岩についたコケです。
吸盤状の口を利用して吸いつきます。
吸盤状の口の吸い付き力は強く、吸い付いたプレコを引き剥がすのは大変です。

吸盤状の口のサイドには、ヒゲがあります。
プレコはナマズ目なので、ヒゲがあるのですね。
体表がゴツゴツして吸盤状の口をもったナマズですね。

多くの種類にはエラ蓋にトゲがあります。
種類によってトゲの形は大きく異なります。
チョット変わった南米のナマズの仲間のプレコを飼育しませんか。

プレコの健康

プレコを、熱帯魚ショップや観賞魚ショップで購入する時は、健康状態をチェックしてから購入しましょう。
せっかく購入して飼育を始めても、健康状態が悪いと病気や環境変化に耐えられなくて死んでしまいます。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップで、お気に入りのプレコを見つけたら健康状態のチェックをしましょう。

プレコの健康状態チェックのポイントを紹介します。
お腹が凹んでいるのは、環境や水に慣れていない場合や、食欲不振や病気の可能性があります。
目が凹んでいる状態はお腹が凹んでいるよりも深刻な健康状態です。
体表が荒れているのは、病気や寄生虫の可能性があります。
当然ですが、泳ぎ方がフラフラして元気がないプレコの健康状態は良くありません、病気の可能性があります。

健康状態が良いプレコを購入しましょう。

プレコの種類・餌・価格を見る


スポンサーリンク

プレコについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ