トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  アピストグラマの飼育方法

アピストグラマの飼育

スポンサーリンク


アピストグラマを飼育している人も多いですね。
小さいですが種類も多く、フィンスプレッディングやマウスブルーダー等の行動がある熱帯魚です。

観賞用の熱帯魚の中でも、アピストグラマを飼育している愛好家は多いですね。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも、多くの種類が販売されています。
近くに熱帯魚ショップや観賞魚ショップがなくても、インターネットを利用してWEBショップから購入することができます。
インターネットが利用できる環境の人であれば、簡単にアピストグラマの飼育を始められます。

アピストグラマの飼育は、一般の熱帯魚とほとんど同じです、特に注意することはありません。
アピストグラマを飼育する人が多いのは、小型の熱帯魚であることも大きいですね。
小型の熱帯魚であれば、水槽は小型でもOKです。
水槽が小型であれば、水質管理や水温管理、そして水槽の洗浄などが比較的簡単になります。

アピストグラマを飼育する時の水質は弱酸性の軟水です。
自然の環境が弱酸性の軟水なので、自然環境と同じような環境に近づけると元気に健康に育ちます。
アピストグラマの飼育水を弱酸性の軟水にするためには、水槽の底砂にアクアソイルを用いると効果的です。
アクアソイルは、熱帯魚ショップや観賞魚ショップで販売されています。
インターネット上のWEBショップでも、簡単に購入できます。

アピストグラマを飼育してみませんか。

アピストグラマの飼育と器具

アピストグラマの飼育に必要な器具は、普通の観賞用熱帯魚で用いる器具と同じもので十分です。
準備する基本的な器具は、水槽・蓋・蛍光灯・ヒーター・サーモスタットになります。

水槽は、一般的な小型サイズ(45~60cm)のものでOKです。
30cm水槽もありますが、雄(オス)と雌(メス)の力関係の変化を考えると小さすぎるようです。
産卵期などで、雄(オス)と雌(メス)の力バランスが崩れた時に、逃げ場が必要になります。

水槽水の蒸発防止には蓋が必要です。また、猫などのイタズラ防止にも蓋は大切ですね。
ヒーターとサーモスタットは、水槽水を25℃程度に調整する為に必要です。
アピストグラマの飼育では、水槽・蓋・蛍光灯・ヒーター・サーモスタットが基本の器具になります。
他にもスポンジフィルターやエアーポンプ、アクアソイルや水草や流木などの器具が必要になります。

熱帯魚飼育用の器具は、低価格のセットが販売されています。

アピストグラマの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

アピストグラマの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ