トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  アピストグラマの繁殖方法

アピストグラマの繁殖

スポンサーリンク

アピストグラマを繁殖させている人も多いですね。
一般的な観賞用熱帯魚と同じ飼育方法で、元気に生育します。
アピストグラマの繁殖は、難しくはありません。

アピストグラマの繁殖で楽しいのは、稚魚を育てる親魚の子育て風景です。
マウスブルーダーという、親魚が稚魚を口内で育てる様子を見ることができます。

アピストグラマを繁殖させる為には、健康で元気な親魚を育てることが大切です。
その為には、水槽内の環境をアピストグラマが好む環境にすることが大切です。
アピストグラマを繁殖させる為には、水槽内の水質を弱酸性の軟水状態にして、水質汚染が起こらないような対策が大切です。
水槽の底にアクアソイルを敷くと、水槽内の水質を弱酸性の軟水にできます。
アクアソイルは水草専用の底砂なので、水槽の底にアクアソイルを敷いて水草を植えると、インテリア的にも良いですね。

アピストグラマを繁殖させる為には、45~60cmの水槽・蓋・蛍光灯・ヒーター・サーモスタット・スポンジフィルター・エアーポンプ・アクアソイル・水草・植木鉢等の魚の隠れ場所が必要です。
アピストグラマの繁殖は、水質管理(弱酸性の軟水)と水温管理(25℃前後)と水の汚染防止をシッカリと行えばOKです。

アピストグラマを繁殖させてみませんか、マウスブルーダーが見られますよ。

アピストグラマの繁殖とマウスブルーダー

アピストグラマを繁殖させる人は、マウスブルーダーを楽しみにしている人が多いですね。
マウスブルーダーには、口内で卵がふ化する種類と、親魚の口内で稚魚を育てる種類がいます。
アピストグラマの繁殖で見られるのは、親魚の口内でふ化した稚魚を育てるマウスブルーダーです。

アピストグラマの繁殖では、雄(オス)と雌(メス)の役割分担があるようです。
雌(メス)は卵や稚魚のスグそばで保護(マウスブリーダー等)をして、雄(オス)は雌(メス)と卵や稚魚の周りで外敵の侵入に備えているようです。

小さな水槽では、雄(オス)と雌(メス)の守備範囲が重なるので、ケンカが多くなり親魚がボロボロになることがあります。
あまりにも雄(オス)と雌(メス)のケンカが多いときは、雄(オス)を他の水槽に移すなどの対策が必要になります。

子供のために親魚がキズだらけにならないように注意しましょう。

アピストグラマの種類・餌・グッズを見る

スポンサーリンク

アピストグラマの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ