トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ミナミヌマエビの飼育方法

ミナミヌマエビの飼育

スポンサーリンク

ミナミヌマエビを飼育している人も多いですね。
まだら模様の美しいエビで、環境によって体色を変化させるので、観賞用としてミナミヌマエビを飼育する人も多いようです。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでも、ミナミヌマエビを購入する人が多くいます。

ミナミヌマエビの飼育始めは、雌(メス)と雄(オス)の違いを見分けるのは難しいようです。
雌(メス)と雄(オス)の違いは、ミナミヌマエビを飼育している時に、よく観察していれば判別できるようになります。
雌(メス)の体長は3cm弱で、環境によって体色を多彩に変化させます。
雄(オス)の体長は2cm程度で、体色変化はほとんどありません。

ミナミヌマエビが飼育されるのには、複雑な模様の体色変化です。
体色変化が美しいミナミヌマエビばかり飼育すると雌(メス)ばかりなります。
繁殖を考えた場合は、雄(オス)と雌(メス)のバランスは大切です。
地味で小型のエビも一緒に飼育しましょう。

ミナミヌマエビを飼育する時の水質は、弱酸性から中性です。
水道水はPH7前後の中性なので、水質には問題がありません。
水道水を水槽の水に使う時は、カルキ(塩素)を除去してから使いましょう。

ミナミヌマエビを飼育している時は、アンモニア濃度に注意しましょう。
若干アンモニア濃度に弱いエビです。
水槽のアンモニア濃度を低く抑える為には、水質管理をシッカリと行うことが大切です。
水槽のろ過装置を、シッカリと管理することは大切ですね。
残餌掃除用の魚を入れると効果も大きいようです。

ミナミヌマエビの飼育と餌

ミナミヌマエビの飼育では、餌(エサ)の管理は楽ですね。
植物性の餌(エサ)と動物性の餌(エサ)の両方で飼育できます。
植物性の餌(エサ)はコケ、動物性の餌(エサ)はアカムシが一般的です。

動物性の餌(エサ)を与えると成長も早くなります。
アカムシを調達するのが大変な時は、人工の餌(エサ)も大丈夫です。
エビ専用でもプレコ用でもOKです。
プレコ用の植物性のタブレットを砕いた餌(エサ)でミナミヌマエビを飼育している人もいます。

熱帯魚のコケ取り目的で、ミナミヌマエビを飼育することもあります。
只、コケ取り能力は少ないようです。
水質管理は大変ですが水温管理は比較的楽です。
高い水温は弱りますが、低い水温では殆ど死ぬことはありません。

餌(エサ)と水温管理が楽なので、ミナミヌマエビを飼育している人もいるようです。

ミナミヌマエビの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

ミナミヌマエビの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ