トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  ミナミヌマエビの繁殖方法

ミナミヌマエビの繁殖

スポンサーリンク

ミナミヌマエビの繁殖で大切なことは、水槽内の水温管理と水質管理、そして餌(エサ)です。
ミナミヌマエビの繁殖を成功させる為には水槽内を、快適な環境に整えることが大切です。
最適の水温と汚染されていない最適の水質に、餌(エサ)が十分にあれば、産卵環境が整います。

飼育時の水槽内の水温は5℃~28℃ですが、産卵に適した温度は17℃~24℃のようです。
一般的な産卵時期は11月~12月頃と5月~6月です。
ミナミヌマエビを繁殖させている愛好家の飼育日記では、水温が20℃前後で安定していると、産卵時期に関係なく卵を産むようです。

ミナミヌマエビを繁殖には、水質管理は最も大切になります。
動物性の餌(エサ)は水槽内を汚染させます。
水槽内が汚染すると、アンモニア濃度が高い水質になります。
ミナミヌマエビの繁殖で避けなければいけないのは、水質の汚染とアンモニア濃度です。
ミナミヌマエビの繁殖の為には、高機能のろ過装置や残餌掃除用の魚を水槽内に入れるなどして、水槽内の水質管理をシッカリ行いましょう。

水質は弱酸性~中性なので、水槽の水は水道水で十分です。
ミナミヌマエビの繁殖用水槽に、水道水を入れるときはカルキ(塩素)を完全に除去しましょう。
餌(エサ)は動物性の餌(エサ)でも植物性の(エサ)でも飼育できます。
動物性の餌(エサ)を与える方が成長も早くなります。
ミナミヌマエビの繁殖を考えた場合、植物性の餌(エサ)と動物性の餌(エサ)をバランスよく混ぜた方がよいですね。

ミナミヌマエビの繁殖と産卵

ミナミヌマエビの繁殖時期は11月~3月の期間になります。
只、水槽内で水質管理や水温管理を行って、餌(エサ)も十分な環境では、産卵期間も長くなるようです。
ミナミヌマエビの繁殖は、他の熱帯魚や観賞魚と比較しても簡単だと言われています。
飼育していると、気が付かないうちに産卵していることが度々あるようです。

ミナミヌマエビの繁殖時期には、水質汚染予防と20℃前後の水温の管理をシッカリと行うことが大切です。
産卵は、足場がシッカリした場所に2~3時間の間に1個ずつ抱卵します。
産卵した卵は雌(メス)のお腹に20~30個抱卵されます。
一説では満月の夜に産卵することが多いようです。
また、抱卵に失敗した卵はふ化しません。

ミナミヌマエビを繁殖させませんか。

ミナミヌマエビの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

ミナミヌマエビの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ