トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  スポッテッドガーの飼育方法

スポッテッドガーの飼育

スポンサーリンク

スポッテッドガーを飼育している人も多いようです。
熱帯魚や観賞魚を販売しているお店では、マッチ棒サイズのガーパイクが販売されています。
比較的安価で、マッチ棒みたいに小さいので、購入される人も多いようです。

スポッテッドガーの飼育で注意することがあります。
幼魚の時は、マッチ棒サイズのガーパイクでも60cm以上になる大型の魚です。
ガーパイクの中では小型の種類ですが、一般に自宅で飼育する熱帯魚や観賞魚と比較すると大型の魚になります。
ミシシッピ川で生息するガーパイクには、体長2m以上になる大型の種類もいます。

スポッテッドガーの飼育は、一般の熱帯魚や観賞魚と比較してもやさしいと言われています。
比較的丈夫な魚なので、熱帯魚や観賞魚の愛好者の間では、スポッテッドガーの飼育愛好家も多いようです。
只、稚魚や幼魚の時は死亡率が高いので、注意が必要です。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップで購入する時は、元気のない弱々しい泳ぎ方をする稚魚や幼魚は避けましょう。
せっかくスポッテッドガーを飼育しても、スグに死んでしまう可能性があります。

スポッテッドガーを飼育する時の、水質は中性で水温は25℃前後が適切です。
ろ材に珊瑚を使用すると、急激な水質変化を防ぐので役立ちます。
稚魚や幼魚の時は小さな水槽でも良いですが、成長に応じて大きいサイズが必要になります。
稚魚から成魚までスポッテッドガーを飼育するためには、幅120cm以上で奥行きも60cm以上の水槽を用意する必要があります。

古代魚の仲間のガーパイクを飼ってみませんか。

スポッテッドガーの飼育と水槽

スポッテッドガーを飼育する時は、水槽の水に注意します。
水槽に入れるときは、水合わせを慎重におこなう必要があります。
稚魚や幼魚の時期は、こなれた水で飼わないと、呆気なく死んでしまいます。
スポッテッドガーを飼育する時は、こなれた水を使用することが大切です。

そしてもう一つ、スポッテッドガーの飼育で大切なことがあります。
水槽の水面と水槽の蓋の間に10cm程度の隙間を空ける事です。
ガーパイクは空気呼吸をします、水面から長い口を出す隙間がないと空気呼吸ができません。
普通の熱帯魚や観賞魚はエラ呼吸ですが、ガーパイクは空気呼吸をするので水槽の水面の上に隙間を作ってください。

スポッテッドガーの種類・餌・グッズを見る

スポンサーリンク

スポッテッドガーの飼育方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ