トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  スポッテッドガーの繁殖方法

スポッテッドガーの繁殖

スポンサーリンク

スポッテッドガーの繁殖について概要を紹介します。
熱帯魚ショップや観賞魚ショップでは、マッチ棒サイズのガーパイクが売られていますね。
スポッテッドガーの繁殖を計画して、熱帯魚ショップや観賞魚ショップでガーパイクを購入する時には、元気な泳ぎ方をする稚魚や幼魚を購入しましょう。
スポッテッドガーの繁殖では、元気な成魚を育てることが大切です。

ガーパイクは、熱帯魚や観賞魚ショップでも安価で売られているので、購入する人も多いですね。
只、小さな稚魚や幼魚から飼育しても成長するのは早く、最大では3m程度になるガーパークの種類もあります。
比較的小さな種類のガーパイクのスポッテッドガーでも、繁殖を考えた場合は大きな水槽が必要になります。
水槽の大きさは、ガーパイクの成魚の体長の1.5倍以上の奥行きと幅が必要になります。
スポッテッドガーの繁殖を考えた場合の水槽の大きさは。
成魚が60cm程度になると考えると、60cm×1.5倍≒90cm程度の幅と奥行きの寸法の水槽が必要になります。

水槽の水質は中性で、水温は25℃程度になります。
水道水は中性なので、スポッテッドガーの繁殖用の水槽に使用できますが、カルキ(塩素)の除去をシッカリおこなうことが大切です。

スポッテッドガーの繁殖を考える場合は、健康で元気な成魚に育てることが大切です。

スポッテッドガーの繁殖と水質

スポッテッドガーの繁殖を考えた場合、ある程度の大きさの水槽で飼育することが大切です。
稚魚や幼魚の時は、小型の水槽でも十分飼育は可能ですが、成長するのも早いので初めから大型の水槽を用意するほうが良さそうです。

水質の汚染や変化には敏感なガーパイクです。
稚魚や幼魚の時は、水質汚染に弱いのでガーパイクに食べられないサイズの、残餌掃除用の魚を入れておくと水質汚染を防ぐことができます。
スポッテッドガーの繁殖には、水質汚染の防止は大切ですね。
残餌掃除用の魚と、ろ過装置は大切です。
ガーバイクの成長の様子を見て、ガーバイクの餌とならないように残餌掃除用の魚は隔離するようにしましょう。

元気なスポッテッドガーを繁殖させましょう。

スポッテッドガーの種類・餌・グッズを見る

スポンサーリンク

スポッテッドガーの繁殖方法について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ