トップページ > 熱帯魚の種類 >  スポッテッドガー

スポッテッドガー

スポンサーリンク

スポッテッドガーは、メキシコやフロリダ州の周辺に分布している、古代魚の仲間の淡水魚です。
ミシシッピ川流域やエリー湖とミシガン湖などでも、スポッテッドガーの姿を見ることができます。
スポッテッドガーが生息する場所は、流れのゆるやかな河川や湖沼になります。
流れが緩やかで、水草がよく茂る環境を好む淡水魚です。

スポッテッドガーの背中と腹部には斑紋があります。
腹部の斑紋は比較的少なめですが、背中には多くの斑紋を見ることができます。

スポッテッドガーは、最もポピュラーなガーパイクです。
ガーパイクとは、ジュラ紀から白亜紀の恐竜時代に共に栄えた、原始的な魚類の依存種です。
ガーパイクの長く突出した口には鋭い歯が並んでいます。
ガーパイクは古代魚の仲間で、体表を硬鱗で覆われているのが特徴です。
スポッテッドガーの他にも多くのガーパイクが人気あります。

ガーパイクの中でも最大種といわれているのが、アリゲーター・ガーです。
体長は最大で2m以上になります。
メキシコやニカラグアやミシシッピ川に分布しています。
淡水域で見かけるので淡水魚のようですが、汽水域~海水域まで侵入することがあるようです。

ガーパイクの中で、最も有名で人気が高いのがスポッテッドガーです。
ガーパイクの中では小型種になりますが、水槽で飼育する時は注意が必要です。
体長が60cm以上になります。

スポッテッドガーとガーパイク

スポッテドガーは、ガーパイクの中では最も日本で人気がある淡水魚です。
日本で飼育されているガーパイクの中では、一番多いのではないでしょうか。
ガーパイクの中でもスポッテッドガーが人気あるのは、丈夫なので飼育しやすいと言う理由があります。

ガーパイクの中には2m以上になる種類もありますが、スポッテッドガーはガーパイクの中では小型なので、水槽で飼育できます。
体長60cm以上になるので、大型の水槽が必要になります。
スポッテッドガーの仲間に、フロリダ・スポッテッドガーという若干小型(体長50cm弱)の種類もいます。
小型なので、水槽で飼育するにはフロリダ・スポッテッドガーが良さそうです。

スポッテッドガーの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

スポッテッドガーについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ