トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  東錦 飼育

東錦の飼育

スポンサーリンク

東錦の飼育は、金魚の基本的な飼い方を守れば、難しく無いと言われています。
東錦を飼育する時は、オランダ獅子頭と三色出目金を交配して作出された、改良種の金魚であることを考慮することが大切です。
改良種の金魚は弱りやすく、病気になりやすい傾向があるので、水質の汚染などには注意が必要です。
次に東錦を飼育するときの基本的な内容を紹介します。

東錦を飼育する時の水質は、PH7前後の中性の水が良いですね。
水道水は中性なので、カルキを除去すれば東錦を飼育する水質として最適です。
水槽内の酸素を考えた場合、水面と空気の接触面積が広いほど沢山の酸素が水に溶け込みます。
東錦を飼育する時には、水に酸素が溶け込むように、空気との接触面積が広い水槽を選ぶと良いですね。

水中の酸素保有量は、水温が低いほど多くなります。
水温が高くなると、溶け込む酸素の量が減るので、水槽で飼う場合は水中の酸素量について注意が必要です。

東錦を飼育する場合、自然な水温変化は問題ありません。
一般的に金魚の体調を悪くするのは、急激な水温変化です。
水槽を室内に置いている場合、冷房や暖房による室温の急激な温度変化が問題になります。
室温の急激な温度変化は、水温にも影響を与えます。
金魚に元気が無い場合は、水温の急激な変化かもしれませんね。
自然な状態の、緩やかな水温変化の場合は、1度~40度位までの変化は問題ないようです。
東錦を飼育するときは、水質や水中の酸素量、そして水温について気をつけましょう。

東錦の飼育とろ過装置

東錦の飼育用品には、水槽やろ過装置、エアポンプやヒーターなどいろいろあります。
東錦の飼育用品の水槽の大きさは最低でも、60センチ水槽を用意したいですね。
60センチ水槽程度であれば、熱帯魚(観賞魚)店で安売りされていることもあります。

東錦の飼育用品のろ過装置には、上部フィルターと底面フィルターがあります。
上部フィルターは、水槽の上に乗せて使うタイプのろ過装置です。
セラミック製の「ろ材」は、生物ろ過に優れていて半永久的に使用できます。
コストパフォーマンスに優れた「ろ材」です。

底面フィルターは、水槽の底に敷いた砂利を「ろ材」にするタイプのろ過装置です。
東錦の飼育用品のろ過装置を考えた場合、底面フィルターは掃除が大変ですが、ろ過能力は高いですね。

大きな水槽では効果が少ないですが、東錦の飼育用品のろ過装置には、投げ込み式フィルターもあります。
ろ過能力が小さいので、水槽の水を煩雑に替えることができる場合は使用できます。
東錦の飼育の愛好者は、上部フィルターや底面フィルターを選んでいるようです。

東錦の種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

東錦 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ