トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  セネガルス 繁殖

セネガルスの繁殖

スポンサーリンク


セネガルスを繁殖させている、熱帯魚(観賞魚)愛好家の人も多くいます。
セネガルスを繁殖させる為には、熱帯魚(観賞魚)にとって住みやすい環境で飼育することが大切です。
一般的に、セネガルスを繁殖させる場所は水槽です。
熱帯魚(観賞魚)が、元気に健康に生育する水槽の環境は、水質と水温、そして水中の酸素量です。

セネガルスを繁殖させる為の水質確保の為には、フィルターと「ろ材」、そして底砂がポイントです。
フィルターには、上部式・下部式・底面式・オーバーフロー式・外掛式などがあります。
底面フィルターと上部フィルター、そして下部フィルターを組み合わせるとベストですね。

セネガルスの繁殖には、「ろ材」選びも大切です。
「ろ材」には、バクテリアの住処となる大切な役割があります。
バクテリアが引っかかりやすく、定着性が優れたものを選びましょう。
「ろ材」の種類には、セラミック製や軽石、そして活性炭や粒タイプなどいろいろあります。

底砂は、魚が落ち着く場所の提供とバクテリアの住処等の役割があります。
底砂を水槽に敷くと、メンテナンス面が少し大変になりますが、水草を植えるなどインテリア的にもオススメです。

セネガルスの繁殖には、ヒーターとサーモスタット、そして水温計も大切です。
産卵に適した水温は28℃で、PH7程度の中性の水質が適しているようです。

セネガルスの繁殖と水質

セネガルスの繁殖では、水質に気をつけることが大切です。
産卵に適した水温は28℃前後、そして水質は中性のPH7です。
PH7の水質は水道水なので、カルキを十分に取り除いた水道水を使用できます。
水質は餌(えさ)の食べ残しや糞で変化します。
水質の調整には、サンゴ砂等も有効のようです。

セネガルスの繁殖では、雄(オス)や雌(メス)の健康に気をつけて、太らないように飼育することも大切なようです。
水槽内の水質と水温、そして健康維持がセネガルスの繁殖のポイントです。

卵がふ化した後の、稚魚を飼育するときは、特に水質に気を使った方が良さそうです。
稚魚と親魚は、別々に飼育することが必要です。
産卵後に、卵を別の水槽に移す方法と、産卵後の親魚を別の水槽に移す方法があります。
どちらの方法が優れているかは、管理面や環境面で異なるようです。

自分流の、セネガルスの繁殖方法が見つかると良いですね。

セネガルスの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

セネガルス 繁殖について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ