トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  セネガルス 飼育

セネガルスの飼育と水槽

スポンサーリンク


セネガルスの飼育は、一般的にやさしいといわれています。
セネガルスの飼育は、ポリプテレスの入門と考える人も多いですね。

セネガルスの飼育に必要な用品を紹介します。
水槽には、アクリル製とガラス製があります。
アクリル製の水槽は、軽くて割れにくいので扱いやすいですが、キズがつきやすいので注意が必要です。
ガラス製の水槽は重くて割れやすいですが、アクリル製と比較すると安価でキズがつきにくいですね。

セネガルスの飼育で、120cmを超える水槽を準備する場合は、アクリル製をオススメします。
普通の大きさのセネガルスを飼育する場合は、90cm×45cm×45cmの水槽がよいですね。
水槽が大きいと、水量も多いので水質の悪化も緩やかになります。

セネガルスの飼育では、成長して大きくなる場合や、個体数が増えると大きな水槽が必要になります。
最初に、水槽を置く場所をシッカリと決めて、余裕がある大きさのタイプをオススメします。

セネガルスの飼育とフィルター

セネガルスの飼育では、フィルターの選び方は大切です。
フィルターには、上部式と下部式、そして底面式とオーバーフロー式と外掛け式などがあります。

セネガルスの飼育では、上部フィルターが価格面やろ過機能、そしてメンテナンス面でも優れているようです。
食性が動物性のセネガルスを飼育すると、水槽内が汚れやすくなります。
メンテナンスが簡単で、ろ過機能が優れているものを選ぶと、日常の管理が楽になります。

セネガルスの飼育では、「ろ材」選びも大切です。
「ろ材」は、バクテリアの住処になります。
バクテリアが定着しやすい、多孔質な「ろ材」がオススメです。
「ろ材」には、セラミック製や軽石、そして活性炭や粒上などいろいろあります。

「ろ材」は、管理方法や飼育環境を考えて選びましょう。

セネガルスの飼育とヒーター

セネガルスの飼育では、ヒーターは必需品ですね。
ヒーターの他にも、水温を自動管理するサーモスタットや温度計も必要です。

セネガルスの飼育の時には、ヒーターカバーを忘れずにつけましょう。
セネガルスの火傷を防ぐことができます。
温度計は、日常の水槽内の温度管理やヒーターの故障発見の為にも大切な道具です。

水槽の掃除やヒーターの管理をした後には、水槽の蓋を締めるのを忘れないようにしましょう。
セネガルスの飼育中の死亡事故でも、水槽から飛び出して死亡するケースが多いようです。
水槽に蓋をしたら、シッカリと重りを置いて、隙間を埋めます

セネガルスの種類・餌・グッズを見る

スポンサーリンク

セネガルス 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ