トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ヨシノボリ 飼育

ヨシノボリの飼育

ヨシノボリを飼育してみませんか。
地域によっては、食用にもされる小さな川魚ですが、動きや習性が面白いので愛好家も多いようです。

全国に多くの種類が分布しています。
ヨシノボリを飼育する時は、水温の高さに注意する必要があるようです。
他の熱帯魚(観賞魚)と一緒に買う場合は、水温の高さに注意しましょう。

ヨシノボリの飼育では、水質にも注意が必要です。
全国各地に生息しているので、中には水質が悪くても大丈夫な種類がいると思いますが、渓流に住む種類もいます。
ヨシノボリを飼育する時の水質は、採取してきた場所の水質を参考にするのが一番確かですね。
清流に生息しているヨシノボリを飼育するよりも、近所のため池などで生息しているヨシノボリの方が、飼育するときの水管理は簡単ですね。

ハゼ科の魚なので、フィッシュイーターです。
ヨシノボリの飼育の時は、高級な熱帯魚(観賞魚)と一緒にする時は注意が必要です。
同じ大きさから小さな熱帯魚(観賞魚)やエビは、餌(えさ)として食べてしまいます。
小さなヨシノボリから飼育を始める方が簡単ですね、一般的な淡水魚用の人工餌(えさ)を食べます。
成長した魚に人工餌(えさ)を与えても食べない場合が多いようです。
人工の餌(えさ)は食べなくても、冷凍の赤虫などはよく食べます。
ヨシノボリの飼育では、餌(えさ)の調達に困ることはありません。

ヨシノボリの飼育となわばり

ヨシノボリを飼育する時は、「なわばり」のことを考えてあげましょう。
水温や水質、そして餌(えさ)などはあまり気を使わなくても大丈夫ですが、「なわばり」が原因で死ぬことはよくあります。

「なわばり」意識が激しいヨシノボリを飼育する時は、水槽の中に多くの隠れ家を作ることが必要です。
水槽が小さくて、隠れ家が少ない中でヨシノボリを飼育すると、餌(えさ)不足や「なわばり」争いのストレスで死んでしまいます。
小さな魚のくせに「なわばり」意識だけは過剰に持っています。
水槽で数匹のヨシノボリを飼育する時は、隠れ家になるようなものをたくさん設置してあげましょう。

ヨシノボリの種類・餌・グッズを見る


ヨシノボリ 飼育について
    お店では教えてくれない本当のレッドビーシュリンプ飼育・繁殖・販売法

    海水魚・熱帯魚ショップ 開店・運用秘伝マニュアル
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ
  • Copyright © 2009 失敗しない熱帯魚の繁殖のさせ方· All Rights Reserved·