トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ダトニオ 飼育

ダトニオの飼育

スポンサーリンク

ダトニオを飼育している人も多いですね。
シャム・タイガーやカンボジア・タイガーと呼ばれるは、熱帯魚(観賞魚)店でも人気があります。
明るい黄色の地肌に、太い6本の縞模様のシャム・タイガー(ダトニオ)を飼育したいと思っている人も多いようです。

タイ産のシャム・タイガーは、乱獲と開発で減少しています。
熱帯魚(観賞魚)店で流通しているのは、カンボジア産のカンボジア・タイガーが主流のようです。
カンボジア産のカンボジア・タイガーは、縞模様が鮮明で背ビレの棘の部分にも縞模様があります。
大型のタイプは高値で取引されます。

ダトニオの飼育は、熱帯魚(観賞魚)の育て方が上手になってからにしましょう。
ダトニオの飼育で注意することは、幼魚時の「黒化」です。
幼魚の「黒化」は水槽の水質悪化が原因です、またダトニオの飼育では、辛抱も必要です。
成長が遅いので、他の魚と比較すると成長の遅さにイライラします。

成長速度が遅いので、同じ水槽で飼う他の熱帯魚(観賞魚)の選択には注意が必要です。
ダトニオの飼育に慣れていない人は、成長の遅さと幼魚時の「黒化」を考えると、成長した固体が安心です。

熱帯魚(観賞魚)店では、価格面を比較しながらダトニオの飼育スタイルを決めると良いですね。

ダトニオの飼育と水槽

ダトニオの飼育のポイントを紹介します。
水槽を購入する時は、成長したときのことを考えて水槽の大きさを決めましょう。

30cm以上の魚が水槽を泳ぐ姿は、迫力満点です。
ダトニオの飼育では、水槽選びが大きなポイントになります。
熱帯魚(観賞魚)店では、最低でも900×450を勧めています。
ダトニオの飼育を楽しむ為には、1200×600程度の大きさの水槽は必要になるようです。
小さな(10cm)程度の幼魚のダトニオの飼育から始めるのであれば、60cmのノーマルでも問題はありません。
大きくなるにしたがって水槽を買い換えていく方法もあります。

大きな水槽は水量も多いので、水質の汚染も緩和されます。

ダトニオの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

ダトニオ 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ