トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  ピンポンパール 飼育

ピンポンパールの飼育

スポンサーリンク

ピンポンパールの飼育は難しいと言われますね。
ピンポンパールの飼育は、購入する時の状態で大きく変わります。
輸送や買われていた環境で、かなり弱っている金魚もいるようです。
購入する時に金魚の様子を見分けるのは難しいので、日頃から信用できる熱帯魚(観賞魚)の店を見つけておくことが大切ですね。

ピンポンパールを飼育する時のポイントを紹介します。
ピンポンパールを飼育するときに必要なものは、60cm水槽とろ過器、そして温度調整をする為のヒーターです。
他にはライトや底砂があると良いですね。
底砂は絶対に必要なものではありませんが、ピンポンパールを飼育している時に糞を目立たなくする効果があります。
只、水槽の掃除が大変になるので、面倒くさがりの人にはオススメできません。

熱帯魚(観賞魚)店では、ピンポンパール飼育セットなどとして、販売されていることもあります。
セットで購入すると、必要なものは揃っていて、割安なのでお得です。
インターネット上でも、いろいろな種類のピンポンパール飼育セットが販売されています。
ピンポンパールの飼育経験がない人は、セット品を購入した方がお得のようです。
ある程度経験を積んでから、自分に適した道具を揃えると良いですね。

ピンポンパール飼育セットが無い場合は、熱帯魚用セットでも良いですね。
熱帯魚用には、温度調節ができるヒーターがセットでついています。

ピンポン玉のような金魚を飼いませんか。

ピンポンパールの飼育の水槽

ピンポンパールを飼育する水槽が、60センチメートルタイプであれば、3~4匹のピンポン玉のような愛らしい金魚が飼えます。

沢山飼う方がにぎやかで良いですが、金魚の数が多いと水質の悪化が早いので、頻繁に水槽の掃除が必要になります。
水槽の水質が悪化すると、スグに病気になります。
ピンポンパールの飼育に慣れるまでは、少ない数で世話をすることをオススメします。

ピンポンパールを飼育する時の、1匹当たりの水の量の目安は、10リットルです。
1匹あたり10リットルの水であれば、水槽の掃除は1週間に1回でよさそうです。
水槽に水を入れる前に、砂をよく洗いましょう。
水槽に洗った砂を敷いたら、ろ過器を作動させます。ピンポンパールを飼育する前に、水をろ過器でキレイにします。
実際に飼いはじめる2~3日前から、水槽を作動させましょう。

水槽の準備がシッカリと整ってから、ピンポン玉のような金魚を泳がせましょう。

ピンポンパールの種類グッズを見る

スポンサーリンク

ピンポンパール 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ