トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  オトシンクルス 飼育

オトシンクルスの飼育と餌(えさ)

スポンサーリンク

オトシンクルスを飼育される人は、水槽内のガラスや流木、そして石などに付いたコケを掃除させる目的の場合が多いようです。
最近、オトシンクルスを飼育する人の中には、美しい模様や個性的な外見が好きで集めている人も増えています。

オトシンクルスを飼育するときのポイントは、水槽内のコケ(餌・エサ)だといわれています。
水槽内にコケが豊富にあるときは、餌(エサ)にも困りませんが、水槽内がキレイになりすぎると、コケ(餌・エサ)不足になります。

オトシンクルスを飼育している時は、太っているか痩せているか、魚体の変化に注意をしましょう。
魚が太っているか痩せているかの判断は難しいですね。

オトシンクルスの場合は、太っているか痩せているかの判断の、分かりやすいポイントがあります。
オトシンクルスを飼育しているときに、魚のお腹を見てください。
ふっくらと魚のお腹が丸い時は、餌(えさ)が十分に足りている時です。
オトシンクルスを飼育しているときに、お腹が細い時は、餌(エサ)不足かもしれませんね。

オトシンクルスの飼育ポイント

オトシンクルスの飼育をしていると、短命なことが気になります。
オトシンクルスの生息環境は、流れが緩く・水草や浮き草が多く・昼夜の水温の変化が少ない河川です。
魚が育つ河川環境から考えると、オトシンクルスの飼育ポイントは、水槽内の水質と水草ですね。
魚が短命な場合の原因は、水槽内の水質環境や餌(えさ)不足などいろいろあります。

水槽内の水質が安定しているときに、魚が死亡するときは餌(エサ)不足の可能性があります。
オトシンクルスを飼育しているときに、水槽内がキレイで魚体が痩せているように感じる時は、人工餌(エサ)を与えてみませんか。
市販の人工餌(エサ)では、タブレット状を好むようです。
茹でたキュウリやほうれん草を入れてもよいですね。

キュウリやほうれん草を、水槽内に入れるときのポイントは、魚が吸い付きやすくなるように立てることです。
オトシンクルスを飼育するときのポイントは、水草をたくさん入れること、そして状況に応じて人工餌(エサ)を与えることです。

オトシンクルスの種類・餌・グッズを見る


スポンサーリンク

オトシンクルス 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ