トップページ > 熱帯魚の繁殖方法 >  らんちゅう 繁殖

らんちゅうの繁殖のポイント

スポンサーリンク

らんちゅうの繁殖では、季節ごとの飼育のポイントがあります。
季節ごとに気をつける、らんちゅうの繁殖でのポイントを紹介します。

12月中旬から2月中旬~下旬は、冬眠期間です。
この期間は、らんちゅうの繁殖を適切に行う為に、シッカリと冬眠させることが大切です。

2月中旬頃から4月中旬頃までは、産卵準備になります。
水槽や池の水の割合に注意します。
"青水"と"さら水"の割合は半分ずつがよいようです。
水の割合は、地域他でいろいろな考え方があります。
自分流を見つけることも大切なようです。

4月中旬~7月下旬は、産卵からふ化の期間です。
らんちゅうの繁殖では、最も大切な時期です。
金魚(キンギョ)の様子の変化に気を配ります。

7月下旬からは、ふ化後の飼育になります。
らんちゅうの繁殖を適切に行う為には、時期ごとの飼育のポイントを押さえることが大切です。

らんちゅうの繁殖では、冬眠期間の管理に注意します。
12月中旬からは、餌(えさ)を与えるのを中止して、シッカリ冬眠させます。
冬眠の期間に、シッカリ冬眠させることがらんちゅうの繁殖のポイントです。
冬眠期間に、餌(えさ)を与えても食べません。
余分に与えた餌(えさ)の残骸は、水槽の水質を汚染させます。
少ない量の餌(えさ)の残骸であれば、藻類や細菌が処理するので水質の汚染を防止することができます。

らんちゅうの繁殖(産卵)

らんちゅうの繁殖では、産卵とふ化が大切な期間になります。
2月中旬から4月の中旬の期間は、産卵準備期間です。
2月の中旬から下旬は、冬眠している金魚(キンギョ)を起こしましょう。
4月中旬から7月中旬までは、らんちゅうの繁殖に大切な、産卵とふ化の期間です。

らんちゅうの繁殖では、雄(オス)や雌(メス)の体の変化を見落とさないことがポイントです。
雄(オス)は胸ヒレに白いザラザラが現れます。
雌(メス)は、腹部が柔らかくふっくらします。
4月中旬~7月中旬の産卵期間は、らんちゅうの繁殖に大切な期間です。
産卵準備が整ったと判断したら、雄(オス)と雌(メス)を別の水槽・池に放します。
らんちゅうの繁殖でのポイントは、産卵期は雄(オス)と雌(メス)を別の水槽・池に放すことです。
このような対策をしないと、雌(メス)は勝手に未熟(ふ化率が低い)卵を産んでしまいます。
午後1時~2時頃に、産卵準備が整った雄(オス)と雌(メス)を同じ水槽・池に放すと数日で産卵します。

らんちゅうの繁殖は、ポイントを抑えればOkです。

らんちゅうの種類・グッズを見る

スポンサーリンク

らんちゅう 繁殖について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ