トップページ > 熱帯魚の飼育方法 >  らんちゅう 飼育

らんちゅうの飼育のポイント

スポンサーリンク

らんちゅうの飼育のポイントには、いくつか重要な項目があります。
泳ぐ宝石ともいわれるらんちゅうの飼育のポイントを紹介します。

らんちゅうの飼育のポイントで最も重要なのは、水槽の使用水です。
水槽で使用する水は、井戸水がベストですね。
最近は井戸も少なくなっています。井戸水の確保が難しい時は水道水を用います。

らんちゅうの飼育で水道水を用いる時は、カルキ(塩素)に注意する必要があります。
水道水のカルキ(塩素)を除去する為には、市販の「ハイポ」を用いるとよいですね。
カルキ(塩素)除去の為に「ハイポ」を入れすぎると、金魚(キンギョ)が酸欠で死亡します。
水道水のカルキ(塩素)除去で、「ハイポ」を入れすぎて、らんちゅうの飼育を失敗しないように気をつけましょう。
地域によって、水道水のカルキ(塩素)除去に使用する「ハイポ」の量は異なります。
らんちゅう飼育の経験者の意見を聞いて「ハイポ」の使用量を決めましょう。
他の金魚(キンギョ)も、らんちゅうも飼育の基本は同じです。
金魚(キンギョ)を飼育する時は、カルキ(塩素)を除去した水を使用しましょう。

らんちゅうの飼育では、水槽の水替えもポイントですね。
金魚(キンギョ)も風邪をひきます。
金魚(キンギョ)の体温は変動します。
急激な水温変化は病気の原因になります。
らんちゅうの体温の変化を考慮して、水槽の水替えは天気の良い午前中に行いましょう。
金魚・らんちゅうの飼育時には、1日の水温変化を、5度以内に保つことがポイントです。
水槽や水替え、そして日照等を考慮しましょう。

らんちゅうの飼育では、自分が金魚(キンギョ)の立場になって考えることが大切です。

らんちゅうの飼育と餌(えさ)

らんちゅうの飼育では、水質や水替えも大切なですが、餌(えさ)の与え方も大切なポイントです。
餌(えさ)の与えすぎは、水槽の水を汚染します。
水槽の水の汚染は、酸欠の原因です。
らんちゅう(金魚)の飼育の失敗では、餌(えさ)の与えすぎが原因とされるケースも多くあります。

人間は1日3食の食事をしますが、金魚(キンギョ)は1日3食の食事をしなくても死亡することはありません。
らんちゅうの飼育では、1週間~2週間餌(えさ)を与えなくても死ぬことはありません。
餌(えさ)やりを適切に行うと、水槽の微生物や藻類が餌(えさ)の残骸をキレイにします。

らんちゅうの種類・グッズを見る

スポンサーリンク

らんちゅう 飼育について
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ