トップページ > 熱帯魚の種類 >  らんちゅう

らんちゅう

スポンサーリンク

らんちゅうで有名な養魚場で作られている四国系のオランダ日本オランダ四国系約12〜13センチ 3【新ぎおん◎1113】【きょうと●1116】【きょうとPT●1116】
らんちゅうは、金魚(キンギョ)の品種のひとつです。
背ビレがなくてずんぐりとした魚体が特徴で、金魚(キンギョ)の王様と呼ばれています。
らんちゅうの愛好家は多く、日本だけでなく世界中で飼育されています。

らんちゅうは金魚(キンギョ)の究極ともいわれています。
ニシキゴイと共に、「泳ぐ宝石」と呼ばれて、1匹数百万円の高値で取引される"らんちゅう"もいるようです。

日本らんちう協会では、全国品評大会を毎年行っています。
平成20年が53回大会でした。
らんちゅうの大会では、「体型」と「泳ぎ方」、そして「品種の特徴を生かした品位」を競います。
大会の審査結果は、相撲番付に習って発表されます。
通常は、横綱の番付を1位とすることは少なく、東の大関が1位です。

らんちゅうの見分け方

らんちゅうの雄(オス)と雌(メス)の見分け方を紹介します。
らんちゅうの雄(オス)と雌(メス)の見分け方は、愛好家や長年飼育している人にはなんでもないことですが、素人には難しいですね。

らんちゅうの雄(オス)と雌(メス)を見分けるには、季節が大きなポイントです。
春の水温が15℃位の時期に、らんちゅうの雄(オス)の前ビレの付近に白いザラザラが現れます。
雄(オス)の前ビレ付近にでる、白いザラザラのことを「追い星」と呼びます。
この時期の雌(メス)は、お腹がふっくらと柔らかくなります。
産卵時期の春頃を逃すと、雄(オス)と雌(メス)を見分けることは難しくなります。

らんちゅうの病気

らんちゅうの病気の原因は、水槽の水質の悪化を原因としたものが多いようです。
餌(えさ)の与えすぎで、水槽の水質はスグに悪化します。
餌(エサ)不足でらんちゅうが死亡することはほとんどありません。
普通は、餌(えさ)の与えすぎで、水槽の水質を悪化させることが原因です。

らんちゅうの主な病気には、「白点病」や「尾ぐされ病」、そして「エラぐされ病」があります。
「白点病」は、水質が低温になることが原因の病気です。
「尾ぐされ病」や「エラぐされ病」は、水質の汚染が原因のようです。

他にもいろいろな病気がありますが、らんちゅうの「白点病」・「尾ぐされ病」・「エラぐされ病」には注意しましょう。

スポンサーリンク

らんちゅうについて
    おすすめ№1はこれ


    キャッシュ使用

  • 携帯サイトへ